美川タンパク 美川タンパクはとうふを真剣に考えています

メニュー
トップページ
素材へのこだわり
作り手のこだわり
商品紹介
豆腐の栄養素
おやじの独り言
会社概要
販売店
リンク集

作り手のこだわり

わたしたちは手間を惜しみません。大豆・にがり・水、たったこれだけの素材でつくられているからこそ、手間をかけ、持ち味を充分に引き出さなければおいしい豆腐にはならないからです。たとえば大豆は効率を重視して扱えば、味が変質したり雑味が残ったりします。また、天然にがりは量を少しでもあやまるとほどよい固さにはなりません。大豆には慈しみをもって接し、にがりと対話をしながらおいしい豆腐をつくっていきます。

こだわりのポイント1 きれいな水を使う
  大豆を浸す水は、白山からの伏流水で年間を通して水温が一定である井戸水を使用し、わずかな汚れも味に影響するため、こまめに水を取り替えています。

こだわりのポイント2 余計な熱を与えない
  熱による味の変化を避けるため、大豆をすりつぶす工程は低回転でゆっくりと行います。

こだわりのポイント3 消泡剤は最小限に
  大豆を炊くと大量の泡が発生し、熱が均等に伝わりません。そのため消泡剤の使用が一般的ですが、美川タンパクでは泡の発生しにくい機械によって消泡剤を最小限に抑えています。

こだわりのポイント4 あえて量よりも味を
  より濃厚な味わいの豆腐に仕上げるため、一般的な豆腐よりも多くの大豆を使用して豆乳の糖度を高め、さらに、渋みを出さないためおいしいところだけやさしく絞ります。手間や材料を惜しまないこと、わたしたちにとっては基本中の基本です。

こだわりのポイント5 職人の技
  天然にがりはあつかいがとてもデリケート。味や食感は職人の研ぎ澄まされた技と勘が決め手です。わたしたちは培ってきた経験と日々の研鑚でおいしい豆腐に仕上げます。

こだわりのポイント6 加熱殺菌はしない
  包装後の加熱殺菌が一般的に行われていますが、これではせっかくの風味が台無しになってしまいます。わたしたちは包装後も0℃前後の水に晒すことで細菌の発生を抑えています。


豆腐の製造工程
大豆を選ぶ → 水に浸す → 水で洗う → すりつぶす → 炊く → 絞る(分離)→ 固める → 型に入れる → 切って水にさらす → 包装 → 完成

平成14年5月   美川タンパクの工場が、有機JAS認定工場(農林水産省:認定番号 MPJP1264-01)に指定されました。

ページトップ もどる

お問い合わせ 電話:076-278-5885 FAX:076-278-6769 tofu@mikawatanpaku.com